FC2ブログ

    Factory KI

    学校の再開に向けて……。

     北海道は5月末まで正式には学校は再開しません。その時点でどのくらいの授業時数が欠けたかというと、勤務校の場合は120時間(学年によりすこしばらつきはあります)です。

     1週間の時数は29時間ですから、4週間分、つまりまるまる1ヶ月の休みが続いていると言うことになります。実際には土日祝日は別ですから、優に1ヶ月を超えるだけの休校期間になっているわけです。4月前半の2週はなんとか生徒の登校ができたのでこの数字ですが、年度初めから止まっている学校はもっと増えることになります。

     年間で学校の授業時数はどれだけあるのかというと、教科と道徳と学級会と総合的な学習の時間を合わせて1015時間(標準授業時数といいます)です。すでに総時間数に対して12%の欠時間になっているとも言えます。ただ、これは6月から正常に戻すという前提での計算です。所謂分散登校は、大きな学校になればなるほど欠時間が増えていきます。もちろん、感染の流行がまたおおきくなり、登校自体ができなくなることも十分考えられます。

     この現状で文科省は「標準授業時数を下回ることのみをもって、学校教育法施行規則に反するものとはされない」と通知しています。同時に「児童生徒や教職員の負担軽減にも考慮すること」とされています。つまり、今年度残り期間で1050時間を達成できなくても法令違反ではない、と言っているわけです。
     
     ただし、これには前提があります。それは欠けた時数について学校で様々な手法で復活できる時数を生み出す、ということです。

     その主な手法は、

    ・行事の精選
    (要するにやるのかやらないのか、やるとしても時間を縮める)
    ・指導内容の精選
    (軽重をつける、削除できる部分を見極める、かける時間を圧縮する、優先順位を考える等)
    ・長期休業の短縮
    (夏休み、冬休みを短くして授業日数と時数を増やす)

     分かりやすいのはこんなところでしょうか。まずはここまでの部分について方針化して具体的な計画を作らなくてはいけません。

     それでもダメなときは、

    ・現2年生は来年度、1年生は再来年度までかけて指導するように計画を立てる。
    ・学校では学校に来ることによってしかできないことをやり、そうでないことはICTの活用を含む多様な学習活動を指導計画に位置づける。

     と通知ではされています。そして両方ともこれから追加の資料提示等の予定も告げられています。

     しかし。まだ見えていないことが多いのもまた事実。例えば大きなところでは、短期間(ちんたらしてたら意味がない)での追加の予算措置はあるのでしょうか?ICTがどうこう言っても、現状そんな条件整備はほぼされていません。そして予算が付いたとして、ただハードウェアだけポンッと投げてこられても困ります。この部分は文科省(財務省)で予算をつけても地方自治体レベルで上手くいかないことが今までもよくあることなので余計に心配です。個人的には条件がそろえばいつでも活用する準備はできているのですが……。

     細かい(細かくもないですが)ことでは給食はどうなるのか(あれば午後も授業可能、なければ3時間目まで、もしくは短縮して4時間目まで、夏休みに授業をやるとして、その時は出るのか??)、修学旅行はできるのかどうか、体育祭や文化祭はどうするのか、部活動の扱いはどうするのか、高校受験についてはどうなっていくのか……。単純に時間数や扱いの問題だけでは済まないこともたくさんあります。特に最終学年の3年生がかわいそうです。3年生担任なので顔見た時になんて言えば良いのか、考えてしまいます……。

     現場や生徒に大きな負担がかからなければ良いのですが、ここまで来たらどこかで無理や矛盾が出るのは自明の理です。それをどう解決するのか。再開の更にほんの少し先を見たときに心配なことではあります。

     ……これは余計な憶測ですが、来年の9月入学論は、上記の文科省の通知を見る限り、本気で考えてはいないような気がしますねぇ。やっぱり無理だろうな(^_^;



    関連記事
    スポンサーサイト



    1. 2020/05/17(日) 22:33:40|
    2. 学校と教育
    3. | コメント:2
    <<いや、きっとダメではないと思うんだよ……。 | ホーム | 高圧洗浄機をつかってみた……。>>

    コメント

    できるのか?

    足りなくなった字数を計算するだけで、めまいがしてきます。
    文科省は工夫して何とかすればできるといっていますが、具体的な部分と予算は現場で何とかしなさい…。いつものパターンですね。
    9月始業もどこまで本気で言っているのやら。
    生徒が頑張っている表情を見ていると何とかしなくてはと思うのですが、茨の道ですね。
    1. URL |
    2. 2020/05/18(月) 22:25:27 |
    3. dago777 #9TBgrDMo
    4. [ 編集 ]

    Re: できるのか?

    いろいろありますが、個人的に心配なのは、職場の人たちの中で今後の取り組みの方向性が一致するかどうかなのです。これがなかなか癖の強い人が多くて(^_^; なんであれ、しわ寄せは現場の教員に来るんだろうなって気はしています。せめて子供にはできるだけ負担が行かないようにと思うのですが、予想できないことばかりでなかなか思ったように進められないのが気持ち悪いですねぇ……。
    1. URL |
    2. 2020/05/18(月) 22:37:04 |
    3. Spitfire.Mk24 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    Spitfire.Mk24

    Author:Spitfire.Mk24
    プラモデルや色々な工作、工具や文具、日記等々、節操なくテキトーに書き綴っております。

    最新記事

    訪問者数

    最新コメント

    カテゴリ

    未分類 (13)
    その他 (1905)
    学校と教育 (192)
    工具・文具 (271)
    模型 (2126)
    車 (141)
    工作 (64)
    コンピューター (125)
    Xacti HD1010 (11)
    読書と感想 (43)
    トップ (7)
    Porsche936 77 (41)
    鍾馗 改 レーサー仕様 (13)
    タミヤ1/48 タイガー1 (20)
    BAC ライトニング (19)
    タミヤ1/35レオパルド1 (23)
    タミヤ1/48 コマツ G40 (1)
    Spitfire Mk.1 (5)
    SUMICON48 (40)
    日記 (169)
    Welcome (2)

    ブロとも一覧


    みくに文具 絶版プラモ満載!

    模型作りとちょこっと車とバイク好き

    バルたんのプラモ侵略日誌

    趣味のプラモデルと昭和特撮の覚え書き

    Scale Aeromodelling

    ハヤピのブログ

    道楽おっさんの日々(FC2版)

    工房WoodBase

    【トラウマ】HOBBY~

    コーチンの模型部屋(奥座敷)

    模型オヤジの気まぐれ日記(本館)

    忘却のブログ

    プラモが好き! とくに古い絶版プラモが・・・

    こまんたれぶー(新)

    プラモおじさんと絶滅危惧種の日々

    たぼのいろいろ

    趣味風呂路具

    タレメモデリング~出戻りモデラーの模型製作ブログ~

    What a piece of junk!

    夜のモデラー見習い

    ウグイの巣

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    QRコード

    QR